NCネットワーク RECRUITING SITE 2018NCネットワーク RECRUITING SITE 2018

MENU

OUR JOBS

社員紹介

08

グエン ビック NGUYEN THI NGOC BICH

メディア・リサーチ事業部
2017年入社(2年目)

 

Q1. 入社の動機やきっかけはなんですか?

私のテーマは「世界舞台へ」です!
途上国で生まれ育った私は、海外を知れば知るほど、故郷のベトナムが貧弱な国だと いうことに、ある時気づきました。
小さくて弱くて世界経済の流れに切り離されたような地域。どうにかこの国を奮い立たせたい!と私は強く感じています。
アメリカで中国人に間違われ、「ニイハオ」と声をかけられた知り合いの話を聞くたびに、この思いがより強くなりました。ウォール街で「シンチャオ(ベトナム語の“こんにちは”)」と声をかけられるためにも、ものづくりの力で母国を繁栄させることを考えたときにNCネットワークで働くことを決めました。

Q2. 現在の仕事内容を教えてください。

日本の中小製造業が海外へ進出する際のサポートを行っています。 「このビジネスモデルなら成功します」とか、「この部品は日本で生産した方が良いです」など、お客様の重要な決断に対し、企業ごと1社1社丁寧にヒアリングして、進出の決断に対し親身にアドバイスをしながら、お客様と共に海外進出のタイミングを見極めます。
この仕事は外国人という個性を生かせる仕事であり、海外生産拠点を造りたいお客様と、外資企業を歓迎する母国の橋渡し役として活躍することができ、故郷の発展に少しでも貢献できればなにより嬉しく思いますし、やりがいを感じます。
しかし、会社の経営に関わる大事な決定に対してアドバイスをすることは、大きな責任を背負います。社会人としての経験をはじめ、専門知識が不足している私は、先輩社員のアシスタントとして勉強中の日々を送っています。
これからの目標は、一日も早く独り立ちができるように、少しずつ経験を重ねると共に業界レポート、ニュース、各種セミナーを通じて論理的に業界事情を分析する力を身につける努力しています。

Q3. なぜ日本で働くことを決めたのですか?

世界を観たくて、自分の価値観を広げたくて、海外で活躍してみたかったからです。学生時代に奨学金を申請し、昔から憧れていた日本へ訪れました。日本で生活し始めたころ、なんだろうこの国は!という驚きの連続で、知るほどに興味深い国だと何度も思いました。
正直、日本企業への就職にこだわりを持っているわけではなく、NCネットワークが好きなので今に至っています。
以前はNCネットワークベトナムにアルバイトとして勤めていました。初めての仕事はローカル企業を回り生産能力を調査し、本にまとめる仕事です。ベトナムで部品を調達したい日本企業はこの資料からベトナムの協力工場を探せます。ローカル企業にとってはこの資料が日本企業の目に留まる事でPRに繋がります。どちらの立場にとってもWin‐Winな関係を築ける仕事だと思い、非常にやりがいを感じ大学に在席しながら働いていました。
更に、日本に転勤してから、外人として区別されるのではなく、「一般社員+外国人の個性を持っている人」としての扱いをしていただき、働きやすい環境だと感じます。

Q4. 今後の目標・夢(仕事でもプライベートでも)を聞かせてください。

インターネットが今ほど普及していない時代に先頭を走り、日本初の製造業ポータルサイトを生み出したNCネットワーク。また、バブル崩壊や東日本大震災の大変な時期に日本の製造業を支えたNCネットワークの志は、これからも新たな価値を追求し、日本のみならず世界の製造業界の発展に寄与していくと思います。
また、そのような未来に向け、私だからこそできる仕事や強みを見つけたいと思います。NCネットワークは未熟な新入社員でもチャンスをいただける職場なので、自分の可能性を追求し、自分なりの価値を創りたいです。
外国で働くことは正直辛いことだらけですが、それ以上に貴重な体験を得られます。前向きに胸を張って前進したいと思います!

1日のスケジュール

ランチは会社近辺のレストランを同僚と開拓しています!

OTHER MEMBERS

01 岩井 将太郎

02 ガリー ワンギ

03 酌河内 俊和

04 大塚 哲久

05 金澤 亜希子

06 廣瀬 國松

07 大谷 高史

08 金 香花

09 グエン ビック

↑