NCネットワーク RECRUITING SITE 2018NCネットワーク RECRUITING SITE 2018

MENU

社長メッセージ

「ものづくりの力で、日本の未来をつくろう」私たちNCネットワークの熱い想いはここにある。

代表取締役社長 内原 康雄

日本で初めて、工場向けネットワークサービスを展開

 日本の技術力こそ、世界に誇るべきもの。私は内原製作所の3代目として、主に金属プレス金型設計制作の仕事に携わっている時に、中小製造業の技術力の高さを目の当たりにして、そう確信しました。そして、インターネット普及前夜を迎えた頃、転機が訪れました。内原製作所をはじめとする製造異業種9社がイントラネットを構築し、それをインターネット上で結ぶことで、相互取引を開始。それが、1998年に日本で初めて、インターネットを中心とする工場向けネットワークサービス及び製造業のPR支援事業を展開する、NCネットワークを立ち上げるきっかけとなったのです。
 現在、当社サービスの登録企業が協力会社、外注先を適時適確に見つけ、それぞれの技術力の相乗効果を発揮しながら、高度なものづくりが行えるのは、私たちがつくったNCネットワークが存在するからこそ。そう自負しています。

製造業全体を見渡し、大手メーカーと中小製造業をつなぐ

 現在、製造業向けネットワークサービス及び製造業のPR支援事業に加えて、私たちが大きな柱に据えているのは、大手メーカーと登録企業の間の仕事の橋渡しをする加工事業。すでに多くの大手メーカーの製品向けに、NCネットワーク経由で開発製造された部品が納入され、高い実績を誇っています。
 私たちは日頃から、あらゆる分野のさまざまな中小製造業の工場に足を運び、話を伺い、幅広い知識・情報を蓄積しています。だからこそ、例えば、「5年後発売する自動車の軽量化を実現したいなら、航空機の技術を使ったらどうか」「医療機器の設備の量産化は、この工法で実現できる」等、製造業全体、さらには製造業の未来を見据えた提案ができるのです。その上で大手メーカーと登録企業の間に立ち、ビジネスマッチングを進めていく。そこに私たちの存在価値があります。

「多面性×専門性」で、他に追随を許さない強みを発揮

 私たちの他にはない強みは、登録企業18000社にのぼるネットワークサービス及びPR支援事業と、加工事業の両方の機能を兼ね備えていること。私たちは今後ますます、幅広く知識・情報を吸収・蓄積する“多面性”と、高次元で加工事業を実現する“専門性”を研ぎ澄まし、挑戦する製造業のお客様にさまざまな高付加価値サービスを提供していきたいと考えています。
 そして、ものづくりの力で、日本の未来をつくっていくことこそが、私たちの掲げるビジョンです。

ものづくりと一生遊べる。それがNCネットワークの魅力

 そうした中、私が期待しているのは、社員一人ひとりのアイデアや発想です。「ものづくり業界に興味がある」。「製造業の最先端を幅広く見ていきたい」。そうした想いをもつ人にとって、NCネットワークは最高のステージだと思います。製造業は、秒進分歩の進化を遂げるIT業界などと比べると、比較的、進化のサイクルが長いのが特徴。長年経験してきた人たちの知識や技術は簡単に廃れることはありません。だからこそ、NCネットワークに入社し、知識・スキルを磨くほどに、“ものづくりと一生遊べる”世界が待っています。
 しかし、“ものづくりと一生遊ぶ”には、仕事も余暇も一生懸命取り組む必要があると、私は考えています。なぜなら、新しい発想や提案は、自分が旅をしたり趣味を楽しんだりしていないと出てこないものだからです。そのためNCネットワークでは、年2回、長期休暇を取得することを推奨しています。実際、多くの社員が長期休暇を取得しますし、社長の私も一昨年は、英語研修で1カ月間の休暇を取りました。
 ものづくりと一生遊びながら、ものづくりの力で、日本の未来をつくっていく。NCネットワークは、そんな私たちのビジョンに共感してくれるあなたを待っています。

↑